京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > クラウド会計ソフトのいいところ・わるいところ

クラウド会計ソフトのいいところ・わるいところ

2016.06.13

クラウド会計

こんにちは、Q-TAX京都宇治店 黒瀬税理士事務所です。

過去にクラウド会計ソフト「Crew」の機能についてご紹介したこともありますが、2016年現在、クラウド会計ソフトについては更なる機能の拡充を実現しており、成長期に突入した感があります。

従来では、会計ソフトのシェア率では「弥生会計」がトップを占めていましたが、今後のクラウド会計ソフトの成長を考えると、クラウド会計ソフトが主流になるのも時間の問題かもしれません。

今回は、そんなクラウド会計ソフトのいいところ・わるいところを紹介しようと思います。

「クラウド会計ソフトって便利そうだけれど、自社に合ってるのかな?・・・・」
と、お考えの人はご参考にしていただければと思います。。

○いいところ○
・見やすさ、視覚的に洗練されており、入力フォームもシンプルなため簿記知識がない人にも向いている。
・預金口座、クレジット明細の自動取り込み機能により、仕訳が自動生成できる。
・仕訳が自動生成されることにより、経理にかける時間が短くなり、会計事務所によっては記帳代行料の節約にもなる。
・インターネットを利用するため、OSやブラウザ、端末に動作環境を左右されない。
・クラウド会計ソフトを運営している会社は、最新のセキュリティ対策を行っており、プライバシー面に関しても安心して利用できる。
・月額(または年額)の支払いにより利用できるため、ソフト本体の購入費用等が不要。
・バージョンアップの作業が不要であり、常に最新のバージョンが使用できる。

●わるいところ●
・今まで会計業務をしてきた人で、以前の会計ソフトに慣れている人は慣れるのに時間が必要。
・インターネットなので、動作速度や入力スピードの面については従来の会計ソフトよりは多少劣ることがある。
・インターネット環境が必要なので、コンピューターに明るくない人には導入が難しい。

・・・などなど、一長一短はあるかと思いますが、やはり機能面・業務の効率化を考えるとクラウド会計ソフトは便利です。

もし、導入を考えてる方・悩んでいる方は、Q-TAX京都宇治店 黒瀬税理士事務所へお気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

▶京都・宇治市 黒瀬税理士事務所 クラウド会計専用ページ

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら