京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > 今年結婚したけど・・・去年の年末調整と何が変わる??

今年結婚したけど・・・去年の年末調整と何が変わる??

2015.11.20

hitosashi_q

こんにちは、黒瀬税理士事務所です。

人生のおおきな出来事の一つに結婚がありますが、年末調整に関して、結婚した場合になにか変わることはあるのでしょうか?
変更の可能性がある項目について下記の通り示しておきますのでご参考にください。

①結婚により名前(苗字)が変わる
年末調整は、原則として年末(12月31日)時点の情報により手続きを進めるので、年末調整の書類に記入する氏名は現姓(結婚後の苗字)になります。
会社に勤めている人で、年暮れに結婚された方は早めに経理担当者等にお伝えいただければと思います。
源泉徴収票の発行も現姓になります。

②住所(居所)地が変わる
結婚により、住所が変わった場合には①と同様に新たな住所を記入することになります。

③配偶者控除の額が変わる
夫または妻の所得により配偶者控除の適用を受けることができます。
いわゆる年収103万円以下が適用の条件となります。
なお、この103万円には結婚前の収入も含まれますのでご注意ください。
※配偶者特別控除の適用についても同様です。

④扶養親族が増える
結婚後、年内に出産した場合には扶養親族が増えます。
なお、所得税では16歳未満の扶養親族は控除対象になりませんが、住民税では非課税限度額の計算に用いるので、「16歳未満の扶養親族」欄に記入が必要になります。

簡単ですが、以上になります。
結婚すると税金の他にも様々な諸手続きが必要になりますが、「あ、手続き忘れてた!」なんてことが無いようしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら