京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > Crewの便利機能「科目連想辞書」を使ってみよう!

Crewの便利機能「科目連想辞書」を使ってみよう!

2014.10.16

crew-q

こんにちは、黒瀬税理士事務所です。

ハイブリッド会計Crewの便利な機能の一つとして「科目連想辞書」機能というものがあります。
簡単に説明すると、「入力した言葉から勘定科目を推測する」という機能です。

実際の使用例で見てみましょう。Crewには初期の段階でいくつかの摘要と科目が登録されています。(下の画像は登録例の一部です。)
jisho1

例えば、「経費」の入力画面で「お茶代」と入力してみましょう。

jisho2

すると、画面のように「お茶代 福利厚生費」と青地に白抜きの文字が現れます。
ここで、この文字をクリックすると下の画像のように科目が自動的に入力されます。

jisho3

この機能により科目を入力する手間が省け、作業の効率化につながりますね。


 
さらに、Crewではユーザーが任意に科目を登録すれば同様の機能が使えます。

「設定」タブの「辞書」を選択し、「新規作成」をクリックします。
jisho4

科目登録の入力画面になるので、必要事項を入力していきます。
今回の例では、種類「経費」で「クルー商店 通信ケーブル」という内容を「消耗品費」(課税対応仕入)として登録します。
入力後は「保存」をクリックします。

jisho5

そして、「経費」の入力画面で、内容に「クルー」と入力すると・・・

jisho6

画像のように文字が現れますね。あとは、先ほどと同じ要領で文字をクリックし、金額を入力すれば仕訳が登録されます。

jisho7

以上がの一連の流れになります。
同じ内容の取引や、似た内容の取引が多い場合にはとても便利な機能ですね。
ハイブリッド会計Crewを使って、どんどん会計処理の効率化を図っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら