京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > 税務調査、しっかり税理士さんに頼んでますか?

税務調査、しっかり税理士さんに頼んでますか?

2014.06.05

tel_qtax

こんにちは、黒瀬税理士事務所です。

税務調査について、事前通知等の改正が入ったのをご存知でしょうか?

簡単に言ってしまうと、
「税務代理権限証書(税理士の委任状)に記載があれば、税務調査の事前連絡は税理士だけに連絡します。」という内容です。
つまり、納税者(事業主)には連絡が行かないので、税務署からの煩わしい通知がないわけです。
税理士にとっても、納税者にとっても手間が省けていいものですね。

では、「税理士の委任状にどんな記載があればいいの」でしょうか?

今回の改正では、平成26年7月1日以後に提出する申告書に係る税務代理権限証書に、「事前通知を税理士に行うことに同意する旨」を書き込めば適用される、というのが原則的な扱いです。
しかし、それ以前の平成26年6月30日以前に提出するものにも、備考欄にその旨の記載があれば、同じく適用されることとなっています。

記載例としましては、
「上記の税目に関して調査がある場合には、上記の年分等より前の年分等についても税務代理を委任します。また、上記の代理人に税務代理を委任した事項(過年分の税務代理権限証書において委任した事項を含みます。)に関して調査が行われる場合には、私(当法人)への調査の通知は、当該代理人に対して行われることに同意します。
というような感じです。

「申告のことは税理士事務所に任せきりで、あんまりそのへんのことは分からないなぁ」
というあなた。
今月申告される申告書に、上記の同意の旨の記載はあるでしょうか?
税務署からの煩わしい通知を受けないためにも、顧問税理士さんに一度ご確認されてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら