京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > 「確定申告間違えちゃってた!」そんなときは…

「確定申告間違えちゃってた!」そんなときは…

2014.04.08

wow_orange_qtax

こんにちは、黒瀬税理士事務所です。

今年も4月に入り、春の季節を感じる気候になってきました。
宇治の桜も華麗に花を咲かせております。

先月には確定申告も終えて、心機一転張り切っていきたいところですね。
ちなみにですが、「そういえば、確定申告書の内容を間違えちゃってた!」なんてことがあるかもしれません。
そのようなときはどうすればよいかご存知でしょうか?

「税務署に提出したんだから、あとは行政に任せておけばOKじゃないの?」
と思う方もいるかもしれませんが、それではダメなのです。

簡単に説明すると、間違いには大きく2つあり、手続きは下記のようになります。

1.税額を納めすぎてしまった! → 更正の請求
※ 更正とは、税務署長が税額等の間違いを改めることをいいます。つまり、更正を請求するということは「税額の間違いを改めてください」ということです。なお、更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から5年以内(今回の確定申告であれば平成31年3月15日まで)です。

2.税額が足らなかった! → 修正申告
※ 文字通り、申告を修正するという意味です。税務調査を受けた後で修正申告をしたり、税務署から税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税等がかかるので注意が必要です

なお、更正の請求書や修正申告書、税金の納付書は税務署に用意されています。
また、こちらのページに詳しい説明があるのでご参考にして頂ければと思います。
(国税庁:確定申告を間違えたとき

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら