京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > まずはこれだけ覚えなさい!~個人事業主の経費で落とせる税金~

まずはこれだけ覚えなさい!~個人事業主の経費で落とせる税金~

2014.02.20

yubi_qtax1

ついに今週から確定申告受付が始まりました!
今回は、所得税を計算する上で大切な個人事業主の税金について説明します。

「所得税って、租税公課で処理していいのかな~?」
「消費税を納めたけど、これって所得税では経費で落としていいの?」
「収入印紙買ったけど、印紙税ってナニ?」

という方に向けて、わかりやすいように以下の表にまとめてみました。
個人事業主の主な税金です。まずはここから覚えていきましょう。

税金の種類 経費への算入 発生(又は納付)時期 注意点
所得税 × 申告を終えての
2,3月頃
確定申告に加え予定納税のものも
経費に落とせません
消費税 申告を終えての
2,3月頃
経理処理を税込処理にしている場合です
事業税 8月,11月 問題なく経費に落とせるので
領収書を保管しておきましょう
住民税 × 6月,8月,10月,1月 会社員は特別徴収(毎月給与天引き)
の場合もあります
印紙税 収入印紙の購入時 レシート・領収書は忘れず
保管しておきましょう
固定資産税 4月,7月,1月,2月
(京都府宇治市)
居住している場所により
納付時期は異なります
不動産取得税 事業用不動産の取得時 居住用や家事用のものは除かれます
登録免許税 事業用不動産の取得時 居住用や家事用のものは除かれます
延滞税など × --- 税金は納期限までに納めましょう

 

いかがでしたでしょうか。
法人に限らず、個人でも事業をしていると「これって経費になるのかな~?」と疑問に感じることが多いと思います。

確定申告ではさっそく、所得税や消費税を納めることになります!
ひとつひとつの税金に対し、少しずつでも理解を深めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら