京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 弥生会計・給与・販売 > 青色申告で○○万円税金が安くなる!?

青色申告で○○万円税金が安くなる!?

2014.01.23

memo

こんにちは、黒瀬税理士事務所です。

青色申告という制度をご存知でしょうか?
簡単に言ってしまうと、「青色申告承認申請書を一定の期限までに提出すれば所得の計算で特別控除ができたり、いろんな特典をつけますよー」というもの。

今回は、その特典の中の一つである「青色申告特別控除」について説明していきます。
この青色申告特別控除とは、「所得の計算で最高65万円又は10万円を控除しますよ」というもの。

「でも所得税等の計算で、どのくらい税額が安くなるの?」

という疑問もあると思います。

そこで今回は具体的に青色申告で最高65万円の特別控除ができた場合、どのくらい節税になるか見ていきましょう。
(説明を簡略化するため復興特別所得税を除いて計算しています。)

【参考例】個人で電気店を営むTさん、平成25年の課税される所得金額600万円の場合

まず、青色申告特別控除を適用しないで計算してみましょう。

6,000,000円×20%(税率)-427,500=772,500円(所得税額)
6,000,000円×10%(税率)=600,000円(住民税額)

772,500円+600,000円=1,372,500円

では、青色申告特別控除65万円を適用した場合を見てみましょう。

6,000,000円-650,000円=5,350,000円*青色申告特別控除65万円を適用することにより、課税される所得金額が減ります。

5,350,000円×20%(税率)-427,500円=642,500円(所得税額)
5,350,000円×10%(税率)=535,000円(住民税額)

642,500円+535,000円=1,177,500円

そうです。青色申告特別控除の適用の有無で

1年で195,000円(1,372,500円-1,177,500円)の節税ができます。

10年間で考えると、195,000円×10年=1,950,000円

10年間で200万円近くの節税ができますね!!
お分かりのように所得が多く税率が大きくなれば、この金額も必然的に大きくなっていきます。

この青色申告特別控除の適用を受けるために、特にお金は必要ありません。
複式簿記による記帳等をすることにより適用を受けることができます。
現在では弥生会計などの会計ソフトもあり、知識がなくても簡単に記帳することができます。
また、当事務所では弥生会計ソフト教室も行っております。よろしければご利用をお考えください。

 

本年からはすべての白色申告者についても記帳義務が課せられます。同じような手間をかけるのであれば、これを機に青色申告者になって節税してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら