京都の地域密着型の税理士事務所です

黒瀬税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > 税金 > あなたの税率は何パーセント?②

あなたの税率は何パーセント?②

2013.12.12

こんにちは、黒瀬税理士事務所です。

前回、所得税の税率についてお話しました。今回はその続きになります。

多くの方は、お勤めの会社で年末調整をしてくれるので、所得税の税率は意識されないのではないでしょうか。

今回は税率の算定から、納付税額までの流れを説明いたします。

【計算例】 収入が500万円の場合
≪配偶者・16歳の子供が一人(共に所得なし)、
社会保険・生命保険の控除は20万円とします。≫

給与所得:346万円(計算過程はこちらで説明しています。

所得控除:
社会保険と生命保険 20万円
配偶者控除     38万円
扶養控除      38万円
基礎控除      38万円
--------------
控除合計     134万円

課税所得:346万円 - 134万円 = 212万円

ここまでで、課税所得の金額を計算しました。
そして、この課税所得の金額に税率を乗じるのです。

212万円は、195万円超330万円以下に該当するので、前回の税率表より

212万円 × 10% - 97,500円 = 114,500円

そうです。この114,500円が所得税になるのです。(超過累進課税方式)

気付いた方もいるかもしれませんが、課税所得の金額から税率を計算するのです。
ですので、「○○万円の年収に対して△△%の税率が掛かる」というのは誤りなんですね。
所得控除の金額によっても税率は変わってきますので、ここに注意が必要です。

ということで、一連の流れを説明させていただきました。年末調整を通じて自分の税率を確かめてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

※ 今回の説明では、復興特別所得税については省略しています。

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1587受付時間 9:30~17:30(平日)携帯電話・PHS対応

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都宇治店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら